Uncategorized

姉はヤンママ授乳中in実家 7話 「こ、これは…プロレスごっこよ!」息子の目の前で弟チ○ポに負けちゃう母

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用
大学生男子と子育て中のヤンママ姉が

実家で家族の目を盗んでセッ◯スしまくり!

 

チンジャオ娘先生の大ヒット作品(^^♪

各話ごとのストーリーや感想を書いていきます!

 

ネタバレの前に無料試し読みしてみる

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

前回は、弟の夜這いを受け入れてしまった

姉・アイカだったが・・

 

ズチュ‥ズチュ…

 

また別の日はなんと

拓也の部屋でセ○クスをしていた・・・

 

「姉貴もやっぱ俺のチ○ポが恋しかったんだな」

「毎晩部屋にヤリに来てくれるなんて…」

そう、喜ぶ弟の拓也

 

しかし姉のアイカは否定する。

「こうやって抜いてやんないと」

「あんたがまたチビ達の横で夜這いに来るからでしょーが」

 

「…んっ♪…とっとと出しちゃってよ」

 

そう言って、拓也を早くイかせようと、

激しく腰を振り始めて・・

↓無料試し読みはこちらから↓
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 

ぐちっ‥ぐちゃっ‥ぐちゃ

アイカは、弟の拓也に早く出してほしくて

激しく腰を振り責め立てる!

 

「姉貴…た‥たんま…」

「もう出ちゃう…!」

 

早くもイキそうになる拓也。

 

「ちゃんと外で出してね」

「じゃないと2度と生でやらせないからね」

 

そういって、実の弟を

手のひらで転がす姉・・

 

「そっそんなぁ・・」

 

生でできなくなると思った拓也は

情けない声を出す。

 

そんな弟の様子を見て

「ほら舌出して…アンタこれ好きでしょ?」

そういって、

舌と舌を絡ませて濃厚なキス・・

 

そのとき!

 

キイ…

 

2人がセッ○ス真っ最中の部屋の扉が空き

「かーちゃん…ここ…?」

寝ていたはずのアイカの息子・ダイキがやってきて…

 

「タク兄の部屋でなにしてんの?」

 

寝ぼけた顔で聞いてくる。

 

「これは・・その・・プロレスごっこ!!」

 

何ともベタな言い訳だが、

 

拓也はわざと腰を振り続ける・・!

↓無料試し読みはこちらから↓
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

【感想】

今回は、 一番ハラハラしてしまった回でした!!

 

「やっぱり姉貴も俺のチ◯ポが欲しかったんだろ?」

毎日部屋までセッ○スしに来るようになった

姉のアイカに、しっぽを振ったように

そういう拓也だが

 

「アンタがまた夜這いにきたら困るから!!」

 

姉のアイカはそれでもまだ素直じゃありません

 

さらに、

「外で出さなかったらも二度とやらせないからね!」

そう、手のひらで転がしているのが面白いです!

 

さらに舌を絡ませて濃厚なディープキス・・♪

気持ちよさそうだな~と

読んでいてムラムラが止まりませんw

 

しかし事件は突然起きました!

 

家族の目を盗んで、

夜な夜なこっそりヤっていたのですが

 

とうとう見つかってしまいました・・

 

アイカの息子・ダイキに!!

 

そこで苦し紛れの言い訳をします。

「これはプロレスごっこよ!」

 

拓也も心の中で突っ込んでましたが

なんてベタな言い訳w

どうやらアイカは旦那とのセッ○スも

ダイキに見つかったことがあるらしく

その時もプロレスごっこと言っていたようですね~

↓無料試し読みはこちらから↓
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

そして拓也は、

昔の本当のプロレスごっこも思い出し

 

あの時の仕返しだと言わんばかりに

激しく腰を振りまくる!!

 

息子の前で感じてしまうアイカは。

またもや母親としてイケナイ顔をしてしまいます♪

 

そして息子の目の前で中出しされる・・!

興奮してる顔がめちゃくちゃエロいです!

 

しかしこのダイキ君、小学生かな?

 

いつかこの光景を思い出して

「あの2人やってた!」

と分かってしまう日が来るのでしょうかw

 

そんな非日常な現実逃避ができるのも

漫画ならではですね!!

 

気になった人はこちらから無料試し読みできますよ♪
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用